TOP

スポンサーKataribe

クリーニング屋さんの預かり券を無くしてしまった!どうなるの?

クリーニング屋さんの預かり券、これって「証券」なんだって。証券というのは、有価証券(株とか手形とか小切手)と証拠証券に分けられるようで、クリーニングの預かり券みたいなものは、証拠証券のほうになるようだよ。

証拠だから絶対大事なのかと思ったら、実は無くしちゃってもお店の人が納得したら衣類の受け渡しは可能なので、意外と問題なーし。たしかに預かりを証明するものではあるんだけど、受け渡しに絶対必要になるものではないそうです。他には保険の証書なんかも証拠証券で、クリーニングの預かり券と同じようなもんだって。万一無くしても保険がパァになるわけじゃないってことね。

じゃ、有価証券は違うのか?っていうと、これは違うんだって。売ったり買ったり受け渡しするには、有価証券は持ち主がちゃんと持っていなければダメ。それをしっかり受け渡ししないと、その証券で示された財産や権利を受け渡ししたことにならないんです。

ちなみに有価証券の「株」なんだけど、今は株っていうのは、電子化されてリアルでは無くなっちゃったけど、昔は会社ごとに「株券」を発行していて、おもしろい図柄なんかもあって、意外と見るだけでも楽しかったりしました。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


かわいいね!

.

最終更新日:2016-04-16 01:22

コメント (0)